ジャイアンって、本当に乱暴者?

ふと、ドラえもんの単行本を読み直していて思いました。

ジャイアンって、本当に乱暴者なんだろうか?

単行本をよくよく見てみると、ジャイアンが暴力をふるうのは、友人に対してだけなんですよね。(飼い犬除く)
これは彼にとっては友情の証かもしれない。不器用だけど。

あまり親しくない出木杉くんには、暴力をふるっているシーンはありません。

で、コミックスで、ジャイアンが友達以外に暴力をふるうシーンがあるのかどうか、調べてみました。

ありました。たった1回だけ。

のび太が、不良に絡まれているシーンで、のび太を助けるために暴力をふるっていました。


こうやって見ていくと、ジャイアンにとっては、暴力=愛情の示し方 何だなあと思いました。
ジャイアンの両親も、ことあるごとにジャイアンを殴ったりするんですよね。
この親にしてこの子ありってことでしょうか。

親からこういう愛情の示し方か確かされなかったから、自分も愛情表現が不器用になっちゃったんでしょうね。

あ、でも、ジャイアンは恋人には暴力ふるわないと思いますよ。
剛田家では、女性には暴力ふるわないみたいなんで。だからジャイアンもジャイ子には絶対暴力ふるわないしね。

そんなジャイアンは、のび太が引っ越しするとなったとき、「思う存分、オレを殴ってくれ」とのび太に頼み込みました。
のび太からの友情の証が欲しかったんでしょうねえ。

ちなみにスネ夫はそのとき、友情の証にと「僕のオモチャを全て受け取ってくれ」とのび太に言っています。
スネ夫にとっては、欲しいモノを買ってもらうことが、両親からの愛情の証だったんでしょうね。
だから、のび太への友情の証は、自分の宝物をあげることだったと。



受け継がれるトラウマ

やるべき時には・・・

戻る